2007年09月09日

読書の秋のお供に・・・

田代漆器工芸の蒔絵(まきえ)のしおりです

蒔絵とは、日本独自の工芸技術としてすでに1500年も昔から日本にある技法です。漆(うるし)を接着剤代わりにして純金箔、純金粉、銀粉又は螺鈿(らでん:貝殻の裏の奇麗に光る部分)等を蒔(ま)きつけて行き模様(絵)として完成させていくので蒔絵と呼ばれるのだそうです



月にちなんだ花が描かれています

9月は・・・



秋桜(コスモス)が描かれています
読書の秋のお供にお使いください
  


Posted by hi-ro-ko at 14:38Comments(0)物産品
QRコード
QRCODE
トップ画面
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
オーナーへメッセージ